ElecrowのCAMプロセッサファイルを使ってPCBgogoのガーバデータを出力。

言われたとおりにドリルデータを RSー274x形式で送ったら
EXCELLON形式で送ってくれと言われました。
という事でElecrowのCAMファイルをそのまま使えます、というか変更したらダメです。

中国の新興PCB製造メーカー「PCBgogo」で基板を作りたいと思い
「メールファイルとCAMプロセッサはElecrowのを流用して良いか?」
質問したところ以下の返事をいただきました。

========================================================================
大丈夫です。elecrowはどのような基板を仕上げられるかは承知しています。
elecrowさんで起こせる基板はこちらで問題なく仕上げられます。
ガーバーデータはRSー274xの形式でご支給ください。
========================================================================

これによるとルールファイルはElecrowのを使ってチェックすれば大丈夫で
ガーバーデータのフォーマットをRSー274xの形式にすれば問題ないみたいです。

ということでガーバー出力ファイルのフォーマット変更の方法を簡単に説明します。
既にカーバーデータを出力したことのある人はお分かりだと思いますが。

まずは[CAM processor]アイコンをクリックして CAM processor を起動します。

[File]→[Open]→[Job…] から Elecrowの販売ページからダウンロードした
[Elecrow_Gerber_Generater_DrillAlign.CAM] を選択します。

画面が以下のように変わります。
ここで DrillsHoles ページの Dewvice が EXCELLON になっているのを
GERBER_RS274X に変更します。

他のページは最初から GERBER_RS274X になっていると思いますが念のために確認して
違っていたら GERBER_RS274X に変更してください。

ProcessJob ボタンを押すと ガーバーデータが作成されます。

合同会社ネクストステップの最新情報をお届けします

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。